過熱水蒸気の共同研究

中西製作所は、酪農学園大学と協力し過熱水蒸気の技術を用いた食品の高付加価値化に関する共同研究を行っています。
 

酪農学園大学とは?

酪農学園大学(らくのうがくえんだいがく、英語: Rakuno Gakuen University、公用語表記: 酪農学園大学)は、1960年に設置された日本の私立大学であり、単独の私立大学のものとしては日本最大のキャンパスをもっています。

教育は主に動物を扱うことが多く、農業大学の中でも酪農や獣医療に特化した大学です。

阿部茂教授について

あべ  つとむ
阿部 茂
食と健康学類 教授

今回、共同研究を行うにあたり酪農学園大学 阿部茂教授にご協力いただきました。

阿部茂教授の研究室では

❝食品企業や自治体が求める新たな食品加工技術や新商品の開発を行う❞

をテーマに消費者ニーズや社会的背景の調査を行った上で新たな技術またはアイデアを付与した新製品を開発することを目的としています。

過熱水蒸気によるサバの焼成の優位性を証明

この度、酪農学園大学 阿部茂教授によるご協力の元、中西製作所製のSVロースターを使ったサバの過熱水蒸気焼成実験を行い、従来のオーブン焼成に対する品質的な優位性を証明いたしました。

中心部まで十分に加熱するための条件として、オーブンは1300W・7分、SVロースターは250℃・5分としました。


検証結果~3つのポイント~

検証の結果、過熱水蒸気の優位性における3つのポイントが判明!

①従来のオーブン焼成と比較して水分保持率が高く、ジューシーな仕上がりに
②破断応力(噛みきる力)も小さく、破断時間(噛みきる時間)も短いため、食感が軽くサクッとしている
焦げ色が薄く、美味しそうな見た目に

ぜひテストキッチンへ!

SVロースターは酪農学園大学や弊社テストキッチン(東京・大阪)でご体験いただけます。

「新しい調理機器を使ってみたい!」
「新しいメニューを開発したい!」


など、お客様の様々なご要望にお応えします。
ご興味のある方はぜひ一度テストキッチンへお越しください!

 
詳しくは下記のボタンへアクセス!
 

テストキッチン紹介ページ