システムのご提案 The suggestion of the system

HOME > システムのご提案 > 炊飯システム > IH連続炊飯システム

炊飯システム

IH連続炊飯システム炊飯システム 環境にやさしいIH連続炊飯システムをご紹介します。※三次元図面と写真は異なります。 →お問い合わせはこちら 1. オートライマー 2. 内釜移載装置(トラバーサー) 3. IH炊飯器 4. 反転ほぐし機 5. 炊飯釜・蓋洗浄機
1 オートライマー

洗米機から送られてきた米を浸漬後十分に水を切り、設定量の米と水を計量し、自動供給します。

2 内釜移載装置(トラバーサー)

炊飯釜をオートライマーに運んで充填後、炊飯ラインのIH炊飯器(外釜)に挿入。炊飯・蒸らし完了後、蓋を洗浄機に、炊飯釜を盛り付けラインへ移載します。

3 IH炊飯器

センサー制御で一釜ごとに加熱・炊飯。ご飯をふっくら炊き上げます。

4 反転飯缶盛付機

炊飯釜を反転してご飯をほぐし部に移し、ムラなくほぐします。

5 炊飯釜・蓋洗浄機

炊飯釜と蓋にこびりついたご飯粒を、釜・蓋専用洗浄機の高温洗浄湯の高圧ジェット噴射で素早くきれいに洗い落とします。

内釜撹拌装置(オプション)

炊飯釜に供給された浸漬米を、炊きムラのないよう均一に撹拌します。炊き込みご飯のときに便利です。

圧倒的なパワーと安全性で炊き上げる完全自動炊飯システム

食数に応じたライン構成ができ、炊き込みご飯や寿司飯、赤飯やピラフなど、あらゆる米飯メニューの炊飯が可能。
また、炊飯後の米飯加工工程も豊富な機器でバックアップ。
おにぎりや寿司の成形をはじめ、レトルト米飯や無菌米飯にも対応できます。

前工程→本工程→後工程

ナカニシとパナソニックが共同開発した世界初のIH連続炊飯システムです。
計量・配米・注水、IH炊飯器で浸漬・連続炊飯する本工程と、貯米・洗米の前工程、ほぐし反転・米飯冷却・盛り付けの後工程、そして炊飯釜の洗浄までを完全自動のラインで構成。しかも炊飯のメニューごとに、データを入力しておくだけで全工程をコンピューターが自動制御します。
火を使わないIH炊飯システムは、排熱や輻射熱がなく炊飯室が安全でクリーン。IH(電磁)は、ガスに負けない強い加熱が得られるうえ、2つのセンサーで最適な炊飯状態を制御。かまど炊きの味に炊き上げます。
また、ライスクーラーや飯缶盛付機などの選択で、温食米飯や加工用米飯にも対応できます。

ページトップへ
学校給食センター
炊飯システム
病棟厨房システム
カフェテリアシステム
HACCPシステム
新調理システム