システムのご提案 The suggestion of the system

HOME > システムのご提案 > 炊飯システム > ガス全自動炊飯システム

炊飯システム

ガス全自動炊飯システム 連続した大量炊飯や仕上がりの切り換えなど、一括制御で均一に炊き上げる自動炊飯システムご紹介します。※三次元図面と写真は異なります。 →お問い合わせはこちら1. 昇米機2. 米サイロ3. 連続洗米機4. オートライマー連続炊飯機立体蒸らし装置反転ほぐし機炊飯釜・蓋洗浄機
1 昇米機

原料箱の米を米サイロに連続して運び上げます。

2 米サイロ

大量の米を安全にストック、炊飯時に1kg単位で計量しながら出米し、洗米セクションへ送米します。

3 節水型連続洗米機

駆動を必要とせず砕米率も低い洗米ミキサーで洗米した後、オートライマーへ送米します。

4 オートライマー

洗米機から送られてきた米を浸漬後十分に水を切り、設定量の米と水を計量し、自動供給します。

5 連続炊飯機

炊飯釜が機内を移動する間に、理想的な火加減で「かまど炊き」の美味しさを再現して炊き上げます。

6 立体蒸らし装置

連続炊飯機の上部空間を利用して、所定の時間で適度に蒸らします。

7 反転飯缶盛付機

炊飯釜を反転してご飯をほぐし部に移し、ムラなくほぐします。

8 炊飯釜・蓋洗浄機

炊飯釜と蓋にこびりついたご飯粒を、釜・蓋専用洗浄機の高温洗浄湯の高圧ジェット噴射で素早くきれいに洗い落します。

スリットバーナー
細長い扇型の炎を間隔を開けて配列し、釜底の加熱部に強弱をつけています。
これにより、釜底へ回り込む規則的な対流が生まれ、熱を均一に伝えることができます。
「かまど炊き」の美味しさにより近づくとともに、ガス消費量の削減と生産性の向上も実現しました。
 

炊飯のメイン工程、及びそれに付随するサブ工程を完全自動化

前工程→本工程→後工程

ガス自動炊飯システムは、前工程、本工程、後工程のすべてをコンピューターが完全自動制御するシステムです。
1日1万食のご飯もボタンひとつで炊き上げます。しかも食数や設置条件に合わせて、ラインを自由に構成できます。さらに、関連機器や周辺機器の併用によって、炊き込みご飯や混ぜご飯、寿司やおにぎり用ご飯はもちろんのこと、レトルト米飯や無菌米飯にも対応できます。また、白飯から変わりご飯へ、変わりご飯から白飯へという炊飯の切り換えも、ラインを停止することなくそのまま連続炊飯できます。

ページトップへ
学校給食センター
炊飯システム
病棟厨房システム
カフェテリアシステム
HACCPシステム
新調理システム